犬と猫と人間と

昨日は映画を見に行ってきました110

色々なブログで取り上げられていて、絶対行くと決めていたこちらの映画

 

犬と猫と人間と 

 

犬と猫と人間と1 

 

今の日本の犬と猫の現状、闇の部分を監督の目線から見たドキュメンタリーです。

犬猫と関わる、色々な人達がでてきます。

愛護協会や保健所の人達、多摩川でノラ猫の世話をする夫婦や捨てられた犬の世話をする年配の方達。。

皆、必死にいのちと向きあって生きている。頭が下がる思いで拝見しました。

 

 

 

私はティオと暮らすまで動物と暮らしたことがありませんでした。

ティオと暮らし始めて、ネットで色々調べたりするうちに

今の日本で犬猫がいかに殺されているか、

一方のところでは、商売の道具としてしかみなされていないことを知りました。

 

ティオの去勢の時、子供が見れなかった悲しさと

子孫を残す権利を奪ってしまった思いで、なんだか申し訳なくて泣きました。

 いまでもその思いはあって、考えるとどうしようもなく悲しくなります。

けれど、いまいない命よりいる命を見つめなきゃと思ったからそうしました。

 

もぅ少し大きい家に住めたら、そのような所からティオの友達を迎えたいなぁと考えています。

それで自分のしたことをすべて納得できるわけではないけれど。。

いつかは里親を待ってるコ達の一時お預かりをしたいなぁと思っているのもいまの夢のひとつです。

 

 

 

上映後、飯田基晴監督とコメンテーターの竹内薫さんとの対談がありました。

竹内さんいわく、テレビでこのようなテーマを流すと反応は大きいけれど、

重いテーマすぎて視聴率が取れないからあまり作られない、とのこと。。

 

今まで動物愛護に対して特別な関心があったわけではないという飯田監督。

そんな監督だからこそ、はじめて知ったことをできるだけ多くの人に知ってもらえるように

自分の感情を出しすぎず、冷静に真摯な姿勢で伝えてくれています。

 

今はまだ、この映画を見る人達には動物と触れ合ってる人が多いと思う。

でも、世の中にはただただ本当になにも知らない人もいる。

そんな人達が考えるきっかけになるよう、できるだけ多くの人に見てほしい映画です。

 

 

 

広告費があまりないとのことで、レコメントカードというものをもらいました。

 

犬と猫と人間と2 

 

映画を見た人がこのカードを次見る人に渡すと

通常1400円が300円引きの1100円で見ることができます。

少しでも多くの人に見てもらえるように、私も役立てようと思っています。

 

 

 

 

ティちん、

 

陽だまりティ1 

 

私達でもなにかできることはあると思うんだ。

 

陽だまりティ2 

 

ティオの仲間がこれ以上苦しまないでいいように。

 

いま私にできること。実行できることを考えていきます。

 

 

 

 

491ランキングに参加してみました491


ランキングのバナー1  ランキングバナー2


 

Comment

No title
わたしの従姉妹も二子あたり住んでて、いーーーーーっぱい保護してる ミ・ω・ミ
野良ちゃん多いんだね・・・

うちは、やっぱり一生面倒みれるか・・・とか考えちゃって、なかなか次飼えない。。

ティちん可愛いねv-238
  • 2009/11/03 19:01
  • gigi
  • URL
No title
gigiさんe-420コメントありがとうございますe-415
このブログまだ全然知り合いに教えてなくってe-263コメントつかず。。e-263

gigiさんの従姉妹はこちらに住んでるんですねe-68
そしていっぱい保護してるのかぁe-420e-420

一生だから慎重になりますよね。
もぅ少し大きい家に住んで、未来の家族とティが許してくれたら
お迎えしたいなぁと思っていますe-434
  • 2009/11/03 22:31
  • ティオママ
  • URL
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。